キーワード :
ガーナチョコレートレシピ
チョコレートはゆっくり溶かすことが大事

湯せん

材料 (作りやすい分量)

ガーナミルク (ガーナブラックなども同様)
適量

適量

作り方

1. ~下準備~
刻んだチョコレート、チョコを入れるボウル、湯せん用の鍋、ゴムベらを用意します。鍋はボウルでもOK。湯せんの際、水分は大敵です!チョコにお湯が入らないよう、チョコを入れるボウルは、湯せん用の鍋やボウルより大きいものを。すき間がなく、ぴったりとはまり、湯気が入らないものがベストです。

2. 鍋に水を入れて火にかけ、50℃位まで温めて火を止めます。水の量は重ねたボウルの底がつく程度に。チョコレートを入れたボウルを重ねてしばらくおき、周りが溶けてきたら、ゴムベらで上下を返し、ゆっくりと溶かしていきます。

3. 全体がなめらかに溶けたら完成です。冬場などチョコ自体が冷えていると溶けにくいので、湯せんしたボウルに布巾をかぶせて1〜2分置いてから混ぜるときれいに溶けます。熱湯を使ったり、ぐるぐる混ぜたりしてもきれいには溶けません。低めの温度で、じっくり溶かした方が、なめらかになるのです。あせらず待つことが大切です。

ポイント
混ぜる時もゆっくりと!勢いよく混ぜると気泡が入ってしまい、口当たりが悪くなります。溶け残りの粒があったら、ゴムベらでたたくようにして溶かしましょう。
ガーナチョコレートレシピ
レシピ一覧へ
大人気レシピ本シリーズの約7割の厳選レシピがスマホ・タブレット・PCで見放題!
レシピ本一覧へ
旬のレシピ